製品の特長 features

  1. Home>
  2. ThinkBoard>
  3. 製品の特長

製品の特長 ~ features ~

ThinkBoardは、「画像」・「音声」・「手書き描画」による『コンテンツ制作ソフト』です。

特長その① カンタン・スピーディーにコンテンツ制作・修正ができる!

ご自宅でも使える手軽さと共に、本格的な情報コンテンツがたった一人で「カンタン」、「スピーディー」そして「ワカリヤスイ」動画コンテンツが制作できます。

実際にコンテンツを作る際、「準備」が必要です。そして「制作」。言い間違い、書き間違いも生じます。そのときは「修正」が必要です。「準備」・「制作」・「修正」は、コンテンツを制作する際に欠かすことのできない作業です。

ThinkBoard(シンクボード)では、コンテンツの制作にあたり、特別なスタジオやカメラなどの「準備」は不要です。もちろん、専門のスタッフも必要ありません。

制作風景
ThinkBoardはPC上で背景画像に描写と音声を加えながら収録するだけで、簡単に動画コンテンツを作成することができます。

【制作に必要な機材】
① ThinkBoardがインストールされている
  PC(Windowsのみ対応)
② ヘッドセット
③ ペンタブレット
※ペンタブレット、ヘッドセットなしでも制作は可能です。

「制作」は、ご自身の手書き描画と音声を加えながら進めます。制作手順はとてもシンプルで、「画面の取込」→「記録」→「保存」→「書き出し」の4ステップだけです。しかも、この作業が一連の流れの中で進み、制作者たった1人で「カンタン」・「スピーディ」にコンテンツを完成させることができます。

また、言い間違いや書き間違いは、制作者ご自身で修正が可能です。特別なソフトや専門技術は必要ありません。ThinkBoard(シンクボード)に修正機能が搭載されていますので、面倒な操作なしでカンタンに修正ができます。
(注)修正機能は、編集機能を持つThinkBoard 制作システム(一部を除く)に搭載されています。

特長その② コンテンツの再利用が可能
コンテンツの再利用

過去に制作した各コンテンツの部分的なブロックの組合せにより、新たなコンテンツを作ることができます。例えば、「導入・理解用のコンテンツ」、「繰り返し学習用コンテンツ」、「一人で行うTeam Teaching用コンテンツ」、「欠席者用コンテンツ」、「個別指導用コンテンツ」など。収録済みのコンテンツの組合せにより、学習者の多様なニーズに対応することが可能になります。
(注)修正機能は、編集機能を持つThinkBoard 制作システム(一部を除く)に搭載されています。

特長その③ 価格が「安い」
ThinkBoard(シンクボード)では、パソコン、ヘッドセット、ペンタブレットさえあれば、たった1人で制作ができます。

大掛かりな施設や設備、撮影スタッフ、編集スタッフなどが必要ないため驚くほど低コストで手軽な制作が可能です。

※ペンタブレット、ヘッドセットなしでも制作は可能です。
必要機材

一般のコンテンツ制作ソフト(システム)が、数百万円から数千万円することを考えれば、手軽に量産ができるThinkBoardが、いかに「安い」価格でご購入いただけるかということがお分かりいただけると思います。

※料金につきましては、下記の「料金に関するお問合せはこちらから」よりお問合せください。
特長その④ ファイルが「軽い」30分のコンテンツでたった15MB!
ThinkBoard(シンクボード)で制作されたコンテンツは、説明を加えるための背景となる「画像」、指し示したり、記述を行ったりする「描画」、そして、肉声で相手に説明するための「音声」で構成されています。

ThinkBoard(シンクボード)では、独自の圧縮技術により、これらの要素を一つにまとめ、非常に軽いファイルとして書き出すことが可能です。
配信方法

30分のコンテンツでもファイルサイズは約15MB程度ですので、視聴する側もストレスを感じることなく効果的な学習や伝達を行うことができます。動画コンテンツを制作する際、生成されるファイルが「軽い」ということは、欠かせない条件の1つではないでしょうか。

特長その⑤ 「ワカリヤスイ」+「4倍速再生機能」と高解像度画面
完成したコンテンツは、制作者の音声と手書き描画がありのまま再生され、大変「ワカリヤスイ」ものとして完成します。
さらに、コンテンツは、等倍速に加えて、4倍速まで再生ができます。音程を変えずにスピードを上げる、この「ハヤワカリ機能」を使えば、通常の半分の時間で視聴が完了します。倍速再生を使うと、音声を意識的に聞くことにより、視聴者は右脳が活性化され、集中力が増して内容理解の効率をあげることができると言われています。

また、分からない箇所を繰り返し見たい、分かっている箇所をスキップさせて先に進みたい、というときに有効な、「スイッチバック機能」も装備されています。
従来のeラーニングシステムよりはるかに簡単な操作のため、視聴者は、自分の理解度に合わせてイライラせず視聴できます。

ThinkBoard(シンクボード)で制作したコンテンツは、最大1920×1040ピクセルの高解像度で再生されますから、画面は非常にクッキリ鮮やかです。細かな文字まで鮮明に見え、さらに、なめらかに動くペンでの描画を加えるので、とても自然で心の伝わるコンテンツになります。

FAQ

ページトップへ戻る