導入事例 Xample

  1. Home>
  2. 導入事例>
  3. 財団法人 日本英語検定協会

導入事例 ~ Xample ~

財団法人 日本英語検定協会

日本英語検定協会
通信教育講座生用サポート講義・情報サイト内コンテンツ

通信教育講座生用サポート講義コンテンツや関連情報サイト「EikenTimes」内コンテンツをThinkBoard Universalで制作。
ハイレベルな講義を“好きなときに、好きな場所で、好きなだけ視聴”を実現。
語学学習では必須の読み・書きとリスニングを同時に提供。

財団法人 日本英語検定協会
・通信教育:英検1級・準1級講義
効果・メリット
1:人間味溢れるコンテンツで、独学での学習継続を促す
2:個別指導や対面授業に近いため、学習効果が抜群
3:演習講義の繰り返し視聴で、確実な定着をフォロー
概要

財団法人日本英語検定協会が実施する実用英語技能検定は、日本における英語技能の検定で、一般に英語検定または英検と呼ばれています。英語に関連する検定としては日本で最も長く行われていて、2009年度の志願者数は約226万人となっています。
公式HPには、英検に関する様々な情報とともに、通信講座や無料講義も展開されています。この通信講座受講生用のサポート講義や無料講義コンテンツがThinkBoardにより制作・運営され、合格を目指す受講生に利用されています。

1:人間味溢れるコンテンツで、独学での学習継続を促す
日本英語検定協会
通信講座の最大のメリットは、“好きなときに好きな場所で好きなだけ”学習できるということです。うまく利用することで、時間や通学コストなどを節約することができます。対してデメリットは、「孤独である」ということです。ひとりで積み重ねる学習は、相当な根気と精神力を要します。挫折しやすいのもこのためです。
Thinkboardによる講義は、無機質に音声が流れたり、ただひたすらテキストと向き合うものとは全く違います。講師がテキストに書き込みながら説明をしてくれている、まるですぐそばで教えてくれているような感覚の講義コンテンツです。この人間味溢れるコンテンツなら、独学でありながら、“講師と2人3脚で合格まで学習を継続できる”と好評です。
2:個別指導や対面授業に近いため、学習効果が抜群

さらに、コンテンツには単語や発音練習・シャドーイングといった演習問題も多数含まれています。その中で講師はThinkBoardの特性を活かし、受講者に声かけ投げかけをしながら、参加型の内容にするなど工夫を凝らしています。自分のペースで進められ、かつ個別指導のような感覚で学習できるので、学習時間に対する吸収効率は抜群です。
EikenTimes内のコンテンツでは、言語としての日本語と英語を“音”と“図式”によって比較し、説明プラス実践というかたちで視聴者に提供しています。楽しく知識を重ねながら、発音を良くしリスニング力を伸ばすという切り口で、多くの支持を得ています。

3:演習講義の繰り返し視聴で、確実な定着をフォロー

深く理解をし学力を定着させていくには、確認と復習が大きな鍵となります。
わかってはいても、なかなか出来ないのがこの繰り返し学習です。
英検では、豊富な演習講義も提供することで、繰り返し視聴を促し、確実な学力定着をフォローしています。また、わからない箇所やリズムに合わせた発音練習部分など、自分に必要なところだけを繰り返したり、速度を変えて視聴したりでき、視聴者の能動的な学習を後押ししています。


導入製品

ユニバーサル
for Windows
ThinkBoard Universal
~ユニバーサル~
ThinkBoardを使用される方の希望に沿って、さまざまなカスタマイズを行います。活用シーンに合わせた企画や提案をもとに、総合ネットワークシステムを構築します。

詳細はこちら
FAQ

ページトップへ戻る